【帝京平成大学】通信で取る!図書館司書資格

帝京平成大学の通信課程で図書館司書資格を取る!

・今回は帝京平成大学の科目等履修生として図書館司書の資格取得を目指す方法についてレポートします。
・以下、帝京平成大学の「学生募集要項」から主な情報をピックアップしてみました。
※以下の情報の利用は自己責任でお願いします。最新の情報は資料請求のうえ、ご自身で確認してください。

【資料請求して最新情報を入手する】

期間はどのくらい?

・前期生(4月に入学して1年間在籍)と後期生(10月に入学して1年間在籍)があります。
・在籍期間は1年です。科目等履修生には在籍期間延長の制度がありません。在籍期間内に必要な単位が修得できなかった場合、新たに募集要項を入手して入学手続をとらなければなりません(この時、手続をとった上で、合格済みの科目修得試験とレポートの成績を引き継ぐことができます)。

費用はどのくらい?

・選考料:10,000円
・入学金:7,000円
・補助教材費:5,000円
・課程費:10,000円
・通信科目授業料:110,000円(1単位5,000円×12科目22単位)
・スクーリング科目授業料:16,000円(1単位2,000円×2科目8単位)
※学生募集要項には、「合計158,000円」と記載されています。また、これらの費用のほか「通信科目で使用するテキストは各自で一般書籍(1科目当たり2,000円前後)を購入する必要がある」と書かれています。

お得な制度はあるの?

・残念ながら、奨学金制度は無いようです。
・教員免許を持っていれば「学校図書館司書教諭コース」から司書教諭の資格取得を目指すことができます。こちらはまた別途、リポートします。

通学は必要なの?

・スクーリング科目(2科目8単位)については、東京都中野区にある中野キャンパス(JR中央線中野駅から徒歩すぐ)への通学が必要です。
・各科目、連続開講(5日間)又は週末開講(6日間)から選ぶことができますが、開講時期がすべて合わせても年8回と限られていますので、早めに学生募集要項を入手して、受講できそうな日程を確認しておく必要があります。

通信科目(12科目)の学習方法は?

・レポート課題は、1,500字~2,000字程度の課題が出ます。
・レポート課題をすべて不備なく提出した段階(合否問わず)で、科目修得試験を申し込むことができます。
・どの科目も、科目修得試験を受験できるのは1年間で最大2回までです。
・科目修得試験は、年に4回、最寄りの試験会場(東京、仙台、宇都宮、名古屋、大阪、福岡の6会場)で受験できます。1日最大6科目が受験できます(試験時間は1時限50分)。
・科目修得試験の日程や時間割については、こちらが参考になります。
・レポートと科目修得試験の両方に合格すると、その科目の単位修得となります。

結局、この講座はどんな人に向いてるの?

科目修得試験会場となる6都市にお住まいの場合は、科目修得試験のための交通費の負担が少なくて済みます。特に、スクーリング会場に近い東京都内やその近郊にお住まいの場合は、他大学と比較しても費用を抑えて資格取得を狙うことができそうです。

【資料請求して最新情報を入手する】