【近畿大学】通信で取る!図書館司書資格

近畿大学の通信課程で図書館司書資格を取る!

・近畿大学の「図書館司書コース」。正しくは「近畿大学通信教育部 科目等履修生」という立場で資格取得を目指します。
・以下、近畿大学の「パンフレット」と「入試要項」から主な情報をピックアップしてみました。
※以下の情報の利用は自己責任でお願いします。最新の情報は資料請求のうえ、ご自身で確認してください。

【資料請求して最新情報を入手する】

期間はどのくらい?

・4月入学生と10月入学生があります。
・修業年限は1年間ですが、必要な単位を修得できなかった場合は、さらに6か月ごとに最長1年間の在籍延長ができます(在籍延長の場合は、在籍延長料が必要になります)。

費用はどのくらい?

・選考料:10,000円
・入学金:20,000円
・通信授業科目授業料(11科目分):70,000円
(↑ここまで出願時に一括納入↑)
・レポート用紙代:660円(60円×11科目、Web提出の場合は不要)
・科目終末試験受験料:5,500円(500円×11科目)
・スクーリング・メディア授業受講料(2科目分):18,000円(本校スクーリングの場合)/27,000円(学外スクーリングの場合)/24,000円(メディア授業の場合)
・スクーリング・メディア授業教材費(2科目分):約6,000円
また、1年間で必要な単位を修得できなかった場合、
・在籍延長料:15,000円(半年間)/30,000円(1年間)
※入試要項には「資格取得までに必要な経費は、合計140,000円程度になります。」と記載されています。

お得な制度はあるの?

・残念ながら、科目等履修生の場合には奨学金制度は無いようです。
・通信教育部の学生は、奈良、和歌山、広島、福岡の各キャンパスと九州短期大学の図書館を自由に利用することができます。
・教員免許を持っていれば「学校図書館司書教諭コース」から司書教諭の資格取得を目指すことができます。こちらはまた別途、リポートします。

通学は必要なの?

・通信授業科目が9科目、面接授業科目が2科目となっています。面接授業科目は、1.本校スクーリング(近畿大学東大阪キャンパス+東京・広島・福岡の近畿大学各施設でのサテライト授業)、2.学外スクーリング(開催地域は北海道、埼玉、東京、愛知、大阪、広島、香川、福岡、沖縄)、3.メディア授業、以上3つの学習方法から選択できます。メディア授業を選択すると、通学することなく全科目を受講できることになります。
・メディア授業は3か月間の間に15コマの授業を視聴(&各回の確認テストに合格)し、メディア単位修了試験に合格すると単位修得となります。
・スクーリングは、生活スタイルに合わせて「日曜スクーリング」「土曜スクーリング」「土・日曜スクーリング」「夏季スクーリング」「夜間スクーリング」を選ぶことができ、また、開催時期も年に数回あります。

通信授業科目(9科目)の学習方法は?

・テキスト、レポート設題集、科目終末試験問題集が同時に配本されます。まずはテキストを使って学習を進めます。
・レポート設題集に掲載された設題について、1科目につき1冊のレポートを作成・提出します。各科目、初回レポートを提出すると、科目終末試験の受験資格が得られます。
・科目終末試験は、会場受験(本校試験5回&学外試験5回)とWEB受験(年間10回)があります。
・会場受験では、1回につき最大4科目まで受験できます。WEB受験では、年10回とも受験が可能です。
・学外試験会場は全国30都市以上(北海道、宮城、東京、新潟、富山、石川、福井、長野、静岡、愛知、三重、京都、滋賀、兵庫、和歌山、大阪(本校)、鳥取、島根、岡山、広島、山口、香川、愛媛、徳島、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮﨑、鹿児島、沖縄)にあります。なお、会場は変更となる場合があります。
・会場受験では、科目終末試験問題集に掲載されている20問の学習テーマのうち、あらかじめ範囲指定された10問の中から1問がランダムに出題されます。
・WEB受験では、科目終末試験問題集に掲載されている問題とは異なるWEB受験専用の問題が出題されます。
・レポートと科目終末試験の両方に合格すると、その科目の単位修得となります。

結局、この講座はどんな人に向いてるの?

選択すれば通学することなく全科目を受講できること、資格取得までの費用が安いことが、この講座の特徴です。「とにかく費用を安く済ませたい」「マイペースで自学自習したい」という方にオススメです。

【資料請求して最新情報を入手する】